バイアグラのジェネリックがある!?

今は、病院に行って薬を処方されたりするときに、ジェネリック医薬品を使用するかどうか聞かれたりしますね。

ジェネリック医薬品とは、後発性医薬品と言われているもので、どこかの企業が新しく何かしらの薬を開発した後、一定期間を経ると、他の様々な企業が同じような働きを持つ薬を作ることができるようになるというもので、その別の企業によって作られた薬が、ジェネリック医薬品と呼ばれるものになっています。

ただし、ジェネリック医薬品の場合は、もともとの薬と同じ名前を付けることができないので、別の名前を付けなくてはなりません。

バイアグラという名前の薬は、開発企業であるファイザー社がつけた名称です。

そしてバイアグラのジェネリック医薬品の事は、総称して、バイアグラジェネリックと呼ばれています。

バイアグラジェネリックは、バイアグラの価格よりも約4割から6割で購入することができるので安く購入することができる上、効果はバイアグラと同等と言われています。

とはいっても、バイアグラジェネリックをインターネットなどによって個人的に手に入れ使用することは、身体にとって非常に危険な行為なので、医師の診察や処方がない限り、服用しない方が良いでしょう。

現在、日本で流通しているバイアグラジェネリックには、次のようなものがあります。

シルデナフィルOD錠やシルデナフィル錠50mgVI、シルデナフィルクエン酸などです。

海外で開発されたバイアグラジェネリックは、カマグラ、ペネグラ、カベルタ、シラグラ、タダリスなどの名前で知られています。

●生活一転●バイアグラで最高の気分